1/0

導入コース

楽譜の勉強
楽譜の勉強

press to zoom
ピアノの演奏
ピアノの演奏

press to zoom
楽譜の勉強
楽譜の勉強

press to zoom
1/2

​一番大切な習い始めの過ごし方♪

子どもの頃にピアノを始め、大人になってもピアノに親しんでいる人にはある共通点があります。

  • ピアノがとても好き

  • ただ楽譜の音を並べるだけでなく、曲の理解もでき、表現する楽しみを知っている

  • いろいろな曲を演奏できるほどの技量がある
     

これらの要素を持っている人は、

ピアノを大切な趣味として続ける確率が大幅に高くなります。

しかし、

ただピアノを習っているだけでは

これらの要素がバランスよく身につかないことがあります。

ピアノの習い方にもコツがあり、

上記の要素をバランスよく身に着けるためには、

習い始めの導入期をどう過ごすか​」が、とても大切になります。

​導入期のお子さまのレッスン内容♪

~お子さまのご興味や性格、成長に合わせたレッスンで楽しく着実に~

講師陣は小学校教員や塾講師の経験があり、

お子さまの発達段階について知識があります。

また、これまで多くの、さまざまなお子さまに接してきた経験もあります。

これを生かし、

お子​さま1人1人のご興味や性格、成長に合わせたレッスンをすることで

無理なく楽しんで、着実にピアノが上達できる方法を

お伝えするよう尽力しています。

導入期の教材は、ぴあのどりーむ、ピアノひけるよジュニア、

バーナム、にじいろワークなどを、

お子さんの性格や進度に合わせて使用しています。

レッスンではテキストを学ぶ以外に、以下の内容も行っています。

ピアノのための体操
ピアノのための体操

ピアノを弾く身体づくりを無理なく、楽しく行える「ピアノのための体操」を採り入れています。

press to zoom
指人形
指人形

大人気の指人形。こちらを使って、指番号を覚えたり、指のすばやい反応を養ったりします。

press to zoom
音よみマスター表
音よみマスター表

教室の壁に貼っています。個人情報はお守りしておりますが、達成感が得やすいようです。

press to zoom
ピアノのための体操
ピアノのための体操

ピアノを弾く身体づくりを無理なく、楽しく行える「ピアノのための体操」を採り入れています。

press to zoom
1/4

1.

遊びながらピアノ演奏に必要な身体の動きを身につける

幼いお子さまが音楽やリズムにのって、遊び感覚で

ピアノ演奏に必要な身体の部分を動かす体操などを

レッスンに取り入れています。

親指の動きのための「ぐーぱー体操」が人気ナンバーワン♪

2.

クイズで総合的な「読譜力」を養う

レッスンでは、お子さまにいろいろと「クイズ」を出します。はじめはドを見つけるところから。

レッスンが進んでいくと、お子さまたちは自ら

「こことここのメロディがおなじ!この和音さっきも出てきた!」とたくさんの発見をしてくれるようになります。

3.

連弾でやる気と聞く力がアップ!

はじめのうちはメロディだけの演奏ですが、

講師が伴奏をつけることで​

より豪華な演奏を体感し楽しんでいただけます。

レッスンが進むと、相手の音を聞いて合わせる練習もします。

発表会でも、連弾部門はかなり人気です。

4.

曲作り、リズム作りで理解を深める

習った音符やリズムの習熟度を高めるために、

随時すぐにできる曲作りやリズム作りを行っています。

​自ら「創作」するため、興味、集中力も保ちやすく

お子さまたちにかなり人気な内容の1つです。

お子さまの成長へピアノがもたらすメリット♪

Point.01

「自ら考える力」を養う

MUSICAでは、レッスン中にお子さまに問いかける場面を多く設けています。

また、曲づくりやリズムづくりではお子さまに自ら考えて創作をしてもらいます。

こうすることで、お子さまは疑問に思ったり、考えたりする機会が増え、自ら考える力をつけられるようになります。

子どもの成長にはピアノが良い♪

Point.02

「自らを表現する力」を養う

音楽には完全な正解というものがありません。

ゆえに、講師はお子さまの演奏や発見について「悪い」という言葉を使わないよう心がけています。

どんな自由な発想も素敵なものとして、チャレンジする心を育て、失敗を恐れて縮こまってしまうことのないよう配慮しています。

 

(ただし、楽器や楽譜を粗末に扱う、悪意のある行為等に関しましては注意をさせていただきます)

子どもの成長にはピアノが良い♪

Point.03

「聞く力」がつくと、コミュニケーション能力が高まる

人が社会生活を送るにあたり重要になるコミュニケーション能力は、

実は聞く力にポイントがあると言われています。

聞く力は近年かなり注目されており、「聞き上手は愛され上手」という言葉もあります。

ピアノでは集中して音を聞く必要もあるため、この聞く力を養う機会にもなります。

子どもの成長にはピアノが良い♪

Point.04

「ピアノを習うと頭がよくなる話」について

​昔から、ピアノを習うと「頭がよくなる」と言われてきました。​​それは、以下の事柄が関係しているようです。
 

左右の手、左右の脳を別々に使うことで脳や神経伝達が活性化される

・上記の「聞く力」で、授業や人の話を集中して聞けるようになる

・ピアノの練習習慣を身に着けると、時間管理能力や習慣化能力も高まるため勉強にも生かすことができる

​・楽譜をじっくり見て、細部に気がつく能力が高まると、いろいろな物事に疑問や興味を持ちやすくなる

子どもの成長にはピアノが良い♪

​生徒さんの声♪

埼玉県・小女子 O様

小3の娘がお世話になっています。
毎回 たのしかったー!と帰ってきます。

筆記の宿題に花マルや上手に書けてるよ♪などの先生からの
コメントなどにも細かい気配りを感じます。
レッスンも丁寧に基礎から教えていただいているようで
ありがとうございます。

レッスンの日程は融通がきくので夏休みなど助かります。

これからもよろしくお願いします(^^)

slide_02.jpg
11歳~

​フィンガートレーニングコース

正しいピアノ奏法を身につけ

確実に、

さらに上達を目指したい方へ

オンライン2.png
年齢応相談

オンライン専門コース

どこでも気軽に簡単に!好きな曲をのんびり楽しみたい方へ

5.

音感や聞く力を養うゲーム

元気な音と悲しい音、音のしっぽ、2曲聴音、など

​随時 音感や聞く力を養うゲームも行います。

​聞く力の向上は、集中力向上にもつながります。